ニコニコ生放送/USTREAM/YouTube Live比較資料


(チャンネル生放送)

(非課金アカウント)

(一般アカウント)
画質・音質○(最大1024kbps)○(1000kbps程度迄安定)◎(最大の6000kbsでも安定)
広告の有無○(有り。視聴開始時に1回静止画像広告のみ。視聴開始時の動画広告や番組映像に何度も重なる広告は無し)△(視聴開始時や視聴中の動画広告や、番組映像に何度も重なる広告有り)◎(無し)
放送URL付きSNS連携△(Twitter,Facebookが利用可能ですが、殆どの視聴者は映像へのオーバーラップコメントを使用)◎(Twitter,Facebook,mixiが利用可能。殆どの視聴者はTwitterを使用)△(Googleチャットのみ)
放送者と視聴者の
間の遅延
◎(通常4秒程度)○(視聴開始時の動画広告の長さ+4秒程度)△(通常10~40秒程度)
同時視聴者数制限○(最大3000人)◎(無制限)◎(無制限
開始時刻の自由度△(任意時間から開始可能ですがURLは毎回変わります。予約では30分単位に時刻制限)◎(常に固定URLで任意時間から開始可能)◎(常に固定URLで任意時間から開始可能。非固定URLでの時間指定配信も可能)
パスワード付き配信×○(最大視聴者数は10人迄。課金によって無制限に出来る)△(検索に出てこない設定が可能。URLを知っている人だけ視聴可能)
生放送中の巻き戻し再生××◎(最大4時間前まで可能)
サーバー録画○(タイムシフトにて放送後一週間視聴可能。トリミング編集不可)○(放送後30日間視聴可能。トリミング編集可能。混雑している時は録画が不安定な事あり)◎(無期限に視聴可能。トリミング編集可能)
有料生放送◎(視聴者はネットチケットを購入して視聴)×(2014年7月で有料配信機能が終了)△(チャンネル登録者数が1000人以上になっていれば可能)
マルチストリーミング配信×(放送者と同じビットレートのみ)×(放送者と同じビットレートのみ)◎(視聴者が複数の解像度の中から選択可能。但し、選択可能なのは放送している解像度以下)
モバイル(iPhone等)
での視聴
◎(専用アプリで視聴)◎(ブラウザでも専用アプリでも視聴可能)◎(ブラウザでも専用アプリでも視聴可能)
比較的向いている
番組内容
※弊社独自による
見解です。
カジュアルな投稿コメントが多い為、お笑いライブ番組やトークショーなどに向いています。
但し、画質・音質は低い為、特に動きの激しい映像を綺麗に配信するのは厳しめです。
Twitterを利用した固定名コメントが多く、荒っぽいコメントが少ない傾向がある為、アーティストコンサートやメーカーオフィシャル放送に向いています。
画質・音質は一般的な放送用途であれば良好なレベルを維持出来ます。
画質・音質が高く、一時停止した箇所から追いかけ視聴も可能な為、カンファレンスやウェビナー(ウェブセミナー)などに向いています。
但し、遅延が大きいので放送者と視聴者との間でリアルタイム性の高いコメントのやりとりは困難です。
備考公式生放送にエントリー(審査あり、原則有料)出来れば画質・音質を上げる事が可能。制限視聴者数も増やす事が出来ます。番組表の優先位置にも表示される為、多数の視聴者数を期待出来ます。 アドフリープラス課金(月額9,800円[税込]~)に加入する事により、広告の非表示が可能。パスワード付き配信の同時視聴者数制限やサーバー録画の視聴期間制限を外す事が出来ます。マルチストリーミング配信も可能になります。 直近で実施されたインターフェース改善により、かなり安定した高画質・高音質配信が可能になりました。
配信後のYouTube自動アップロードの[公開or限定公開]設定も行えます。
※あくまで弊社独自の調査・見解による資料です。
各放送媒体の仕様は変わる場合がありますので目安的な資料としてご参考ください。

「ニコニコ生放送/USTREAM/YouTube Live配信代行」のページに戻る